HOME
 > おいしさの秘密 > レイモンのハム哲学

レイモンのハム哲学

カール・レイモン語録

ワタシの作ったハムやソーセージは本物の味です。手造りの味です。わたしのハムはね、肉の細胞を一時的に眠らすだけ。人間の胃に入るとすぐその細胞はよみがえるんですよ。だからビョウキ治ります。チカラ出ます。だから食べナサイ。

食べ物は健康的で美味しくなければダメです。ワタシのハムは防腐剤など必要のない添加物は使いません。余分な粉や水も使いません。サイボーが死んでしまうからです。

ドイツでは“血の一滴までも”という言葉があります。肉はもちろんですが、皮、内臓、骨、血まですべて使います。自然や神様が与えてくれたものを、あますところなく使う。そのことで素材の持つうまみを引き出す。

花を見ればわかるでしょう。花の色は中から出てきます。人の健康も体の中から出てくるものなのです。

人類は国境を越えてお互いに助け合うことが大切です。

これらは「胃袋の宣教師」と言われたカール・レイモンの生前の言葉です。

もちろんハムやソーセージを食べて病気が治るわけではありません。
国境を越えてお互いに助け合うようになるわけではありません。
でも、彼の人々への大きな愛が垣間見えます。平和への切実な想いが伝わってきます。

カール・ワイデル・レイモンは、あくなき本物の味へのこだわりと同時に、当時の栄養状態が良くない日本人の体力・体格を心配し、ハム・ソーセージを食べて元気になることを願っていました。

自分が作ったハム・ソーセージを、おいしく食べてくれる人がいる。
そのことがお金に代え難い彼の喜びでした。

その大きな愛は、カール・レイモンの哲学そのものです。

9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

赤色は定休日です。商品発送及びお問い合わせのご返答は休日明けとなります。

Take a walk with sausage
English繁体簡体